2ヶ月 3ヶ月 赤ちゃん 便秘 
2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんが、5日もウンチが出ていない・・・まさか便秘?!と、不安になってはいませんか?

実は、赤ちゃんの便秘は珍しいことではないんです!

今回は、「2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘は5日から?」。「解消するには砂糖水が良い?」などの情報の真相を調査してみました。
ぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored Link



2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘は5日!?

2ヶ月 3ヶ月 赤ちゃん 便秘 
2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんは、目で物を追いかけるようになったり、「あーうー」とお話を始めたり、おしゃぶりを始めたり。

目に見えてわかる成長に、ママやパパも嬉しくて楽しいことの連続ですよね^^

また、おっぱいやミルクを一度にたくさん飲めるようになり、身長の伸びや体重の増加が大きいのもこの頃の特徴でしょう。

ただ、目に見える成長だけでなく、内臓機能もちゃんと成長しているんですよ!

新生児の頃は1日に何回もウンチをしていた赤ちゃんですが、2ヶ月3ヶ月となると腸も発達するため、ある程度のウンチを溜めておくことができるようになります。

「最近ウンチの回数が少なくなったなぁ・・・」と思っていたママやパパも多いことでしょう。「もう5日も出ていない!」なんていう赤ちゃんも中にはいるのではないでしょうか?

お医者さんの話によると、5日ほどウンチが出ないという赤ちゃんは少なくないそうです。

便秘は「何日出ていないか」は問題ではなく、赤ちゃんの「体質の問題」とされています。5日ウンチが出なくても平気な赤ちゃんもいれば、1日出ないだけでも苦しくなってしまう赤ちゃんもいるというわけです。

そのため、便秘かどうか見極めるためには、ウンチが出ない日数ではなく、赤ちゃんの様子が重要なポイントとなります。

2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘を見極めるには?

2ヶ月 3ヶ月 赤ちゃん 便秘 
では、2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘を見極めるには、赤ちゃんのどのような様子に注意してあげれば良いのでしょうか。ここでは、5つのポイントをご紹介しますね。

① お腹の張り

ウンチが出てないなぁと思ったら、まずはお腹を触ってみましょう。ウンチが溜まっていると、お腹がパンパンに張って硬いなど、いつもと違う感じがあるかもしれません!

② 機嫌

「お腹を触ってもよくわからない・・・」ということもありますよね。そんな時は赤ちゃんの機嫌は悪くないか、確認してみましょう!
何だかグズってばかりいるな。寝つきが悪いな。という場合には、便秘の可能性があります。

③ 発熱

便秘になると、腸内で増えた悪玉菌が有害なガスを発生させます。この有毒ガスのせいで発熱することがあるんです。

ちなみに、便秘と高熱が長く続いている場合には、腸が炎症を起こしている場合があります。激しい腹痛も伴うこともあるので、赤ちゃんの泣き方も激しくなるようです。そんな様子が見られた時には、早めに小児科に受診してくださいね!

④ 食欲

いつもよりもおっぱいやミルクの飲みが悪い時には、便秘が原因となっているかもしれません。大人も同じく、赤ちゃんも便秘をしていると食欲が落ちます。

また、食欲がいつもと変わらなくても、授乳後に吐き戻してしまう場合も便秘の可能性があります。ただし、単純に飲み過ぎという場合もありますので、その他に変わった様子がないか確認してみて下さいね!

⑤ ウンチの硬さ

ウンチは、腸を通過する過程で水分が体内に吸収され、ある程度の硬さを帯びて排出されます。

ですが、2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんは、一般的にはおっぱいやミルクしか摂取しないため、ウンチもユルユルの状態が普通です。

そのため、この頃の赤ちゃんがいつもより硬めのウンチをしている場合は、長いあいだ腸内に留まってしまっている状態。つまり、便秘である可能性があります。

ちなみに、硬いウンチは、排便の際に腹痛を伴ったり、肛門を傷つけてしまうことがあります。
ウンチをする時に痛そうに泣いているな。血が出ているな。など、何か気になることがある時には、小児科に受診してみると安心ですよ!


Sponsored Link


2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘の原因

2ヶ月 3ヶ月 赤ちゃん 便秘 
赤ちゃんの便秘を解消してあげるには、まずは原因を知ることも重要ですね。ここでは、2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘で特に多い原因をご紹介します。

水分不足

赤ちゃんも水分不足だと便秘になりやすいです。

ミルクの赤ちゃんは、哺乳瓶にメモリが付いているので、どれくらいの量を飲んでいるか確認しやすいですよね。もし、便秘の可能性がある場合には、ミルク缶に記載されている1日の目安量を、今一度確認してみて下さいね。

問題は母乳の場合です。赤ちゃんがどれくらい飲めているのか、ママ自身にもわかりませんよね。
そんな時には「体重の増加」で確認してみましょう!

成長の伸びには個人差がありますが、曲線状に体重が増加していれば、ちゃんとおっぱいが飲めているということになります。しかし、体重の増加があまりない。という場合には母乳が足りてない可能性があります。

また、2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんは、授乳に満足すると自分からおっぱいから口を離すようになってきますよね。ですが、1度の授乳時間があまりにも長い場合には、母乳の出が悪くて飲み足りなく、いつまでも吸っている可能性もあります。
ちなみに、1度の授乳時間は、一般的には左右で各10分前後と言われています。

もし、母乳が足りていない場合には、水分不足で便秘の原因になるだけでなく、成長にも影響してしまいます。
ほんとに足りていないのかどうか、ママが自分で判断するのが難しい時には、お住まいの地域の保健師さんに相談してみると良いですよ!的確なアドバイスをもらえるはずです^^

運動不足

2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんと言えば、まだねんね期ですので運動とは無縁のように思えますよね。けれど、自分では上手に体を動かせない赤ちゃんだからこそ、運動不足になってしまうんです。

運動不足は腸の働きを鈍らせるため、便秘の原因になると考えられています。

生活リズム

生活リズムが乱れると、自律神経も乱れ、体の様々な機能も低下してしまいます。そのため、便秘になりやすくなるのです。

赤ちゃんは好きな時に寝て、好きな時に起きているように見えますよね。そのため、赤ちゃんの生活リズムは自然と身につくと考えているママやパパは少なくありません。でも、2ヶ月3ヶ月のうちから、ママやパパが生活リズムを作ってあげなければ、「遅寝遅起き」が習慣になってしまうんですよ!


・ねんね期の赤ちゃんだから、昼間も夜も家の中で静かに過ごしている。
・パパの帰りに合わせて遅い時間にお風呂に入れている。
・ママやパパが寝る時間に合わせて、遅い時間まで明るい部屋に寝かせている。


など、心当たりはありませんか?


昼間は日の光を浴びて、身体を動かしてあげたり、お散歩に出かけたりと活発に過ごし、夜は暗くして静かに眠らせてあげることで、生活リズムを整えてあげましょう。

2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘の解消法

目 ヘルペス 原因 ストレス
便秘の原因を改善していくことは便秘を解消するために必要不可欠です。ですが、即効性はありません。

今、苦しんでいる便秘をスグに解消してあげたい時に、効果があると評判の解消法をご紹介していきます。ぜひ試してみて下さいね!

砂糖水が良いの!?

意外に思う方も多いかもしれませんが、砂糖水は便秘解消に効果抜群なんです!
砂糖水には腸の中に水分を呼び込む作用があるため、ウンチをやわらかくしてくれるのです。

ただし、砂糖水なら何でも良いわけではありません。

糖分濃度が濃すぎると、下痢をしてしまったり、悪玉菌が増えてしまったりと逆効果になる可能性があります。
望ましい糖分濃度は【5%】だそうです。濃度5%というのは、舐めるとほんのり甘いくらいの砂糖水です。作り方は下記を参考にしてみてください。


1、60度くらいの白湯100mlに砂糖5gをよく溶かします。
2、人肌まで冷まし、1回20ml~30mlをチビチビと飲ませましょう。



早ければ砂糖水を飲んだ30分後にはウンチが出てくれるようです。この砂糖水を使った便秘解消法は赤ちゃんだけでなく大人の便秘にも効果があります。(※効果には個人差があります。)

ちなみに、砂糖水を作る際には砂糖の代わりに【オリゴ糖】を使うことがオススメですよ!

腸内のビフィズス菌を増やす効果があり、腸内環境を良くしてくれます。また、甘さは砂糖の1/4程度で、血糖値の上昇にも影響が少ないです。
さらに、オリゴ糖は母乳やミルクに多く含まれています。赤ちゃんの体に馴染みがあるものなので、アレルギーの心配も少ないのが嬉しい所ですね。

ただし、市販のオリゴ糖の中には食品添加物が多く含まれている物もあります。原材料や成分をきちんと確認し、オリゴ糖の純度が高い物を選ぶようにしてくださいね。

砂糖水の便秘解消法は賛否両論

砂糖水を使った便秘解消法について、お話ししておきたいことがあります。

砂糖水が便秘解消に効果がある反面、お医者さんの中にはこの解消法について否定的な方も多くいるようです。

その一つに授乳への影響が挙げられます。

砂糖水はあくまでも砂糖水。母乳やミルクのように成長に必要とされる十分な栄養は含まれていません!そのため、「砂糖水でお腹がいっぱいになって母乳やミルクを飲まない」なんてことがないように気を付ける必要があります。

また、早い子だと3ヶ月頃から「歯」が生え始める赤ちゃんもいます。(うちの子がそうでした^^;)そうなると、砂糖水を与えることで虫歯の心配も出てきますよね。

砂糖水を与える場合には、習慣的に毎日飲ませたり、1日に何度も飲ませたりするのは避けるようにしたほうが良さそうです。
その他の解消もご紹介しますので、まずはそちらを試し、それでも効果がない時には砂糖水を試すようにすることをオススメします^^

その他の解消法

お腹のマッサージ

お腹を「の」の字にゆっくりとさすってあげましょう。ママやパパの手のひらで、穏やかな刺激を与えてあげることで便秘の解消に繋がります。

「の」の字マッサージは便秘の時だけでなく、普段から行ってあげるとガス溜まり予防にもなるのでオススメです。
お風呂上りやおむつ替えの時など、赤ちゃんの機嫌が良い時に行いましょう。授乳直後は吐き戻しの原因となるので避けてくださいね!
なお、赤ちゃんはデリケートなので、強く押したりこすったりせず、優しく行うようにしましょう。

ちなみに、「の」の字マッサージは大人の便秘にも効果がありますよ!

運動

赤ちゃんの運動は、ちょっとしたストレッチ程度で十分です。
ママやパパが赤ちゃんの足を交互にクロスしてあげるだけで股関節のストレッチとなり、胃腸のぜん動運動の促進に繋がります。

日中の遊びとして行うと、スキンシップも取れて便秘解消・予防にもなるのでオススメですよ!

綿棒浣腸

赤ちゃんの肛門を綿棒で刺激することで、脳に「ウンチが出る」という信号を出し、排便を促す便秘解消法です。

赤ちゃんを仰向けに寝かせ、両足を持ち上げます。それから綿棒をお尻の穴に入れて優しくコチョコチョ・クルクルと刺激してあげましょう。
綿棒は深く入れる必要はありません。頭の部分だけでOKです。腸の動きが活発になる授乳後30分くらいに行うと良いですよ!
綿棒は大人用の柔らかい物を使いましょう。また、肛門の粘膜を傷つけないようにベビーオイルやベビーワセリンなどを綿棒にたっぷりと含ませてあげてくださいね。

赤ちゃんのお尻に綿棒を入れるのは可哀想で抵抗がある。というママやパパもいますよね。
実は、私の息子も2ヶ月の時に便秘になって病院に連れて行ったことがあるんです。その時に看護師さんが綿棒浣腸をしてくださったのですが、痛がる様子も全くなく、とっても簡単な物でしたよ!綿棒浣腸は癖にならないそうなので安心して行ってくださいね

ちなみに、我が子は綿棒浣腸をした直後に「ドバッ!」とウンチをしてくれたので^^;
綿棒浣腸をする時には、周りが汚れても良いように新聞紙やレジャーシートを敷いておくことをオススメします。

何をやっても便秘が解消されない・・・

赤ちゃん 目 赤いブツブツ
砂糖水やどんな解消法を試しても赤ちゃんの便秘が解消されない。そんな時には迷わず小児科に相談しましょう!

赤ちゃんの症状に応じて浣腸などの処置を行ってくれたり、赤ちゃんの月齢や体質に合わせたお薬を処方してくれます。

赤ちゃんに辛い思いをさせ続けるのはかわいそうです。「便秘くらいで・・・」とためらわず、堂々と受診してくださいね^^

まとめ

2ヶ月 3ヶ月 赤ちゃん 便秘 
2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんでも便秘になります。

便秘の定義は「何日出ていないか」ではなく、「体質」の問題です。そのため、5日ウンチが出ていないからと言って便秘とは限りません。

2ヶ月3ヶ月の赤ちゃんの便秘の原因の多くは、【水分不足】【運動不足】【生活リズムの乱れ】などが挙げられます。【お腹のマッサージ】【運動】【綿棒浣腸】【砂糖水】などの解消法を試してみましょう。

砂糖水を使った解消法は、特に高い効果が期待できます。砂糖水にはウンチをやわらかくする作用があるため、排便しやすくなるからです。

【砂糖水を作る際のポイント】
・糖分濃度は5%の砂糖水を作る
・1回20ml~30mlをチビチビと飲ませる
・砂糖よりオリゴ糖を使うと良い

【砂糖水を飲ませる際の注意点】
・授乳への影響がないように飲ませる
・虫歯の心配もある
・砂糖水を習慣的に飲ませないようにする

以上の点に気を付けながら砂糖水を飲ませるようにしてくださいね。

便秘は癖になりやすいのも厄介なところですよね。私の周りにもお子さん(主に女の子)の慢性的な便秘に頭を悩ませているママが多いです。何をやっても便秘が解消されなかったり、便秘を繰り返すような時には、小児科に相談してみてくださいね!^^