赤ちゃんの鼻水・鼻づまり。息が苦しそうで、かわいそうになりますよね。

鼻水を吸い出してあげたくても、赤ちゃんが嫌がって鼻水を吸わせてくれずに、困り果ててしまうママやパパもいることでしょう。

今回は赤ちゃんの鼻水を吸うタイミングやコツをオススメの吸引器と共にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


Sponsored Link



赤ちゃんの鼻水を吸うタイミング&コツ

赤ちゃん 鼻水 吸う タイミング

赤ちゃんの鼻水・鼻づまりを放置するとどうなる?


赤ちゃんは免疫力が弱く、鼻粘膜も敏感です。

風邪などのウィルスに感染しやすいのはもちろん。空気の乾燥やホコリ、気温の変化など、ちょっとした刺激でも鼻粘膜が腫れて鼻水が出てしまいます。そのため、赤ちゃんの鼻から鼻水が出ていることは珍しいことではないのです。

ですが、1つ注意があります。それは、「鼻水や鼻づまりを放置しない」ことです。

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりを放置してしまうと、「中耳炎」や「副鼻腔炎(蓄膿症/ちくのうしょう)」になってしまう可能性があります。
そのため、こまめに鼻水を吸ってあげることが大切です。

赤ちゃんの鼻水を吸うタイミングは?

赤ちゃん 鼻水 吸う タイミング
赤ちゃんの鼻水を吸うタイミングは、「朝の寝起き」と「お風呂上がり(寝る前)」の1日2回がベストなタイミングです。また、鼻水を「サラサラ」にした状態にしてから吸ってあげましょう。

寝起きの鼻水


寝起きはノドの奥に鼻水が溜まりやすいです。

そのため、寝起きに鼻水を吸ってあげないと、朝食後にむせて吐いてしまうことがあります。ぜひスッキリした状態で1日をスタートさせてあげて下さいね。

ただし、寝起きの鼻水は粘りが強いことが多く、吸いづらいのが難点です。

粘りが強い鼻水を吸おうとすると、赤ちゃんの耳には圧がかかり、とっても嫌がります。

温かい蒸しタオルを鼻の下にあて、蒸気を吸わせることで、鼻水をサラサラにしてあげましょう。もし、蒸しタオルを鼻の下にあてても効果がない場合は、鼻の頭にもあててみて下さいね。

ただし、蒸しタオルはくれぐれも熱すぎないよう注意しましょう!赤ちゃんがヤケドしてしまいます。

お風呂上りの鼻水


お風呂上りは、お風呂の湯気(蒸気)のおかげで鼻水がサラサラになっている確率が高いです。そのため鼻水を吸う絶好のタイミングと言えます。

また、鼻水が詰まっている状態で眠りにつくと、鼻水がノドにまで下がってきてむせ込み、赤ちゃんが苦しい思いをしてしまう場合があります。むせて咳き込むと、勢いで嘔吐してしまうこともあるので注意が必要です。

寝る前に鼻水を吸ってスッキリさせてあげると、ママやパパも安心ですし、赤ちゃんも気持ちよく眠ることができますよ。


Sponsored Link


赤ちゃんの鼻水を上手に吸うコツは?

赤ちゃん 鼻水 吸う タイミング

① 鼻水を吸う時の体勢


・ねんね期の赤ちゃん

腰が据わっていなくて、お座りがまだできない赤ちゃんの場合は、ママやパパが横抱きをした体勢で吸ってあげると吸いやすいです。

・お座りができる赤ちゃん

お座りができる赤ちゃんの場合は、ママやパパの膝の上に座らせてあげましょう。寝ころんだ体勢よりも座っていた方が、鼻水が下に流れるため吸いやすいですよ。

・腕が動かせないようにする

鼻水を吸うのを嫌がって手で払いのけようとしたり、好奇心から触ろうとする赤ちゃんも多いことでしょう。
ねんねの赤ちゃんなら体をタオルやおくるみで巻いてから抱っこしたり、お座りの赤ちゃんなら腕が動かないようママやパパが片手で押さえたりしてから鼻水を吸うとスムーズに行うことができますよ!

② 鼻水の吸い方


吸引器の先を鼻の穴に優しくあてます。鼻水を吸いながら吸引器の角度を調整し、「ズズッ」と吸い出せるポイントを探しましょう。ポイントが見つかったらそのまま吸い続けます。

吸い出す力は優しく、リズムは小刻みに「チュッチュッ」と行うのが鼻水を上手に吸い出すコツです。強く吸い出すと赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけてしまう原因となりますし、一気に吸い出すと赤ちゃんの耳に圧がかかって嫌がりますので注意してあげましょう。

③ 鼻水吸いは楽しい!と思ってもらう


赤ちゃんに限らず、大人だって、突然体を押さえつけられて鼻水を吸われたら怖いし嫌ですよね。まずは赤ちゃんに「楽しい」だと思ってもらいましょう!

これは私が実際に子供に行ってうまくいった例なのですが、鼻水を吸う前に吸引器でほっぺたや腕をチュッチュッと吸って笑わせてから鼻の穴に吸引器を持っていくと、赤ちゃんも嫌がらずに鼻水を吸わせてくれます。「これは遊びなんだ!」と思わせるのも上手に鼻水を吸うコツと言えますね^^

④ ママやパパは笑顔や優しい表情で


鼻水を吸うことに集中してしまうと、どうしても真剣な顔になりがちです。鼻水を吸われている最中、「怖いな」「不安だな」と思っている赤ちゃんも多くいることでしょう。ママやパパはできるだけ、笑顔や優しい表情で赤ちゃんを安心させてあげてくださいね。

⑤ その他


鼻水を吸う時は、片方ずつ行うこと。鼻水を吸わない方の鼻の穴は絶対に抑えないこと。この2点にはくれぐれも注意してください!赤ちゃんが苦しくなってしまいます。

もし赤ちゃんがあまりにも嫌がる時には無理に続けず、少し時間を空けてから機嫌のいい時にリベンジしましょう!


Sponsored Link


赤ちゃんの鼻水を吸う時にオススメの吸引器3選!


昔は赤ちゃんが鼻水・鼻づまりになると、ママやパパが「口で鼻水を直接吸い出す」という方法が主流でした。

けれどこの方法だと、赤ちゃんの鼻水からママやパパに病気が移ってしまったり。逆にパパやママの口腔内の細菌が赤ちゃんにうつってしまったりする可能性があります。

最近では、赤ちゃんもママやパパも、お互いが安心して鼻水吸いができるようにと、様々な鼻水吸引器が市販されています。

そこで、今回は人気のあるオススメの吸引器を3つご紹介しますので、購入の際の参考にしてくださいね。

ドクターはな吸い器


昔からある「スポイトタイプ」の鼻水吸引器です。

吸引器の先端部分は柔らかい素材でできているため赤ちゃんの鼻粘膜を傷つける心配がありません。大きさもママやパパが握りやすい大きさになっています。

動きが激しくなってきた赤ちゃんでも「楽に鼻水を吸える」というのも人気の理由のようです。価格も500円前後と安価なところも嬉しいですね!(ただし販売店によって異なります。)

赤ちゃんの体に触れるものと言えば、衛生面も気になる所ですが、ドクターはな吸い器は部品を全部分解して洗うことができ、レンジ消毒も可能なので安心です。

ベビー用品でお馴染みの「ピジョン」の商品という点も大きな安心ポイントですよね!



ママ鼻水トッテ


ママやパパが「お口で吸うタイプ」の鼻水吸引器です。

赤ちゃんとママやパパが直接繋がらないよう、それぞれ別々のチューブを使うダブルチューブ方式が採用されています。そのため、ママやパパの口に入ったり、赤ちゃんの鼻水が逆流したりする心配がありません。

赤ちゃんの鼻にあてるノーズピースは先端が丸型で奥まで入らないように設計されているため、赤ちゃんが動いても鼻粘膜を傷つけずに済むので安心です。

また、チューブが長めになっており、赤ちゃんが寝ころんだ体勢でも楽に鼻水を吸うことができます。そのため、新生児の赤ちゃんにオススメです。鼻水を吸い出す力もママやパパの息で調節できるのもポイントです。

「耳鼻科の先生が考案した吸引器」ということも多くのママやパパに選ばれる理由のようです。

ちなみに、私も子供の鼻水を吸う時には、この「ママ鼻水トッテ」にお世話になっています。価格もリーズナブルですし、使用後は部品を全部分解して洗うことができるので安心です。また、チューブやボトルが透明なので、鼻水がちゃんと取れているか確認しながら鼻水を吸うことができるのも気に入っています。



メルシーポット


病院でも使用されている「電動式」の鼻水吸引器です。

お肌に優しいシリコン製のノズルを赤ちゃんの鼻の穴に差し込み、スイッチを入れるだけで簡単に鼻水を吸い出すことができます。

ダイヤルで吸引するパワーを調節しながら使うことができるのもメルシーポットの良い所で、その吸引力は電動吸引器の中でもトップレベルです。粘りのある鼻水でも楽に吸い取ってくれますので、耳鼻科に鼻水を吸引してもらいに行く手間が省けます。
超コンパクトサイズなので収納場所にも困りません。

全ての部品を取り外して洗うことができるので衛生面でも安心ですよ。


こんな時は病院にかかりましょう

・鼻水の他にも何らかの症状がある
・鼻水が長引いている
・鼻水の色が黄や緑、茶などの色をしている
・鼻水がどろっとしている
・赤ちゃんが嫌がって鼻水を取らせてくれない など。

以上のような場合には、病院にかかりましょう。診療科は耳鼻咽喉科か小児科です。

まとめ


赤ちゃんの鼻水を放っておくと、中耳炎や副鼻腔炎(蓄膿症)の原因となりかねません。そのため鼻水はこまめに吸い出してあげましょう。

赤ちゃんの鼻水を吸うタイミングは、「寝起き」と「お風呂上り(寝る前)」の1日2回がベストタイミングです。鼻水をサラサラの状態にしてから吸ってあげましょう。

赤ちゃんの鼻水を上手に吸うコツは、赤ちゃんが腕を動かせないような体制にしてから、吸引器を鼻にあて、優しく小刻みに吸い出すことです。また、ママやパパが笑顔や優しい表情でいることや、「鼻水吸いは楽しい!」と赤ちゃんに思ってもえる雰囲気を作ることも上手に鼻水を吸いだすためのコツです。

鼻水を吸い出す時には、くれぐれも両方の鼻の穴を塞がないように注意してくださいね!

「ドクターはな吸い器」や「ママ鼻水トッテ」、「メルシーポット」などの鼻水吸引器が、人気があり、多くのパパやママに愛用されているためオススメです。

赤ちゃんの鼻水が長引いたり、他の症状がある場合や、鼻水の色が透明でなかったり、どろっとしている場合など、気になる症状がある場合には小児科か耳鼻咽喉科にかかるようにしてくださいね。