しもやけ 寝る時 靴下 オススメクリーム
毎年冬になると、しもやけになってしまうことで悩んではいませんか?

今回はしもやけになる原因や症状、オススメのクリームなどをご紹介します。

寝る時に靴下が効果的なのか?という疑問にもお答えしていますので、ぜひ参考にして下さいね。


Sponsored Link



しもやけとは?

しもやけ 寝る時 靴下 オススメクリーム
意外と知られていませんが、しもやけは正式には「凍瘡(とうそう)」という病名のある立派な皮膚の病気です。

「たかがしもやけ」と侮ることなかれ!しもやけが重症化すると、凍傷になり手足を切断・・・なんてこともあり得るのです。

ここではしもやけになる原因と症状を詳しくご紹介します。

しもやけになる原因


しもやけは、血行不良が原因と考えられています。

寒さや冷えによって血管が収縮し、血流が悪くなるのです。

血行不良を起こした部分は、まれに炎症やむくみを起こすことがあり、この症状を「しもやけ(凍瘡)」と呼んでいます。

しもやけは、女性や子供、汗っかきの人や冷え性の人、水仕事が多い人や先の細い靴を長時間履く人などがなりやすいようです。また、体質や遺伝も関係しているようですよ。

しもやけの症状

腫れる


しもやけになると、手足の指や耳たぶ、鼻などの末端部分が腫れることがあります。中には手足全体が腫れるという人もいます。また、腫れと同時に赤紫色の発疹が現れることもあるようです。

痒みや痛み


しもやけは、痒みや痛みが伴うことが多いです。

寒さや冷えによって血流不足を起こした部分の血管は、その部分を一刻も早く温めようとします。そのため、急激に血流が良くなり、神経が刺激されて「痛み」や「痒み」になるのです。


Sponsored Link


しもやけは寝るときに靴下が効果的!?

しもやけ 寝る時 靴下 オススメクリーム
夜寝るとき、足が冷えて眠れないから靴下を履いて寝ている。という方もいますよね。

しもやけにならないためには、身体を冷やさないことが大切です。そのため、寝る時に靴下を履くことは効果的ではないかと思われがちです。

しかし!

寝る時に靴下を履くことはオススメできません!

寝ている間、私たちはコップ一杯程度の汗を冬場でもかいています。そのため、靴下を履いたまま寝ると、靴下の中で汗が蒸れて冷えてしまい、しもやけになってしまう可能性が高まるのです。

また、靴下のゴムで足首が締め付けられてしまうと、足元の血行不良が起きやすくなり、しもやけになるリスクがさらに高まります。

どうしても寝る時に足元の冷えが気になるようでしたら、靴下ではなく、湯たんぽなどで温めるようにすると良いでしょう。

しもやけにオススメのクリームはこれ!

しもやけ 寝る時 靴下 オススメクリーム
しもやけ対策に、特に人気のあるオススメのクリームを2つご紹介します。

ぜひ購入の際の参考にしてくださいね。

【指定医薬部外品】ユースキンA


ユースキンAは、小さな子供からお年寄りまで幅広い世代で使うことができ、全身に塗ることができるクリームです。

しもやけの他、ひび・あかぎれなどに効果があります。手荒れはもちろん、かかとのガサガサにも効果がありますよ!

クリームには、「ビタミンE」「グリチルレチン酸」「dl-カンフル」「グリセリン」の4つの有効成分と、「ヒアルロン酸ナトリウム」「ビタミンC」の2つのうるおい成分が含まれています。それぞれの有効成分の持つ作用は以下の通りです。

【ビタミンE】

血行を良くする作用があります。

【グリチルレチン酸】【dl-カンフル】

炎症や痛み、痒みを鎮める作用があります。

【グリセリン】

保湿と柔軟性を回復してくれる作用があります。
特徴的な黄色のクリームは「ビタミンB2」の色で、スッとする香りは有効成分の1つ「dl-カンフル」の香りです。どちらもお肌に塗った後は消えてしまうので、色移りやニオイ移りの心配はありません。

夜寝る前に、マッサージしながらよく擦り込んで塗ると効果的です。身体が潤うのはもちろん、血行が促進されるのでポカポカしたまま眠りにつくことができます。また、しもやけで炎症が起き、痛みや痒みがある方も、症状が和らぐことでしょう。


【第2類医薬品】ベルクリーンS軟膏


ベルクリーンS軟膏は、しもやけやあかぎれの改善に効果があります。

「トウガラシチンキ」や「クロタミトン」、「トコフェロール(ビタミンE)」や「dl-カンフル」、「リドカイン」などの有効成分が配合された軟膏タイプのお薬です。有効成分の他にも、添加物として「サラシミツロウ」「マイクロクリスタリンワックス」「ワセリン」なども含まれています。それぞれの有効成分の持つ作用は以下の通りです。

【トウガラシチンキ】

トウガラシの成分。皮膚を刺激することで血管を拡張し、血行を促進する作用があります。

【クロタミトン】

強力な鎮痒作用があります。

【トコフェロール(ビタミンE)】

血行を良くする作用があります。

【dl-カンフル】

血行の促進および、痛みや痒みを鎮める作用があります。

【リドカイン】

鎮痛作用があります。
このように、しもやけの原因となる血行不良の改善や、しもやけによる痛みや痒みを抑えてくれる効果のある軟膏ですので、しもやけ対策にはもってこいのお薬となっています。

1日数回、しもやけが気になる部分に塗ることで効果を得ることができますよ!



Sponsored Link


しもやけを予防しよう

しもやけ 寝る時 靴下 オススメクリーム
しもやけ対策として一番重要なのは、しもやけにならないよう「予防」することですよね。

ここではお手軽にできる「しもやけ予防法」を4つご紹介します。ぜひ試してみて下さい。

① 体を温める


入浴時、シャワーだけで済ませている方は、ぜひ湯船にもつかるようにしましょう。

特に寒さが厳しくなる冬は、日中は靴下を履き、外出時は手袋や耳あて、マスクなどを使って寒さ対策をするようにしてください。また、普段から露出の少ない服装を心がけましょう!

カイロや湯たんぽなどの温めグッズを使うのもオススメですよ。

② マッサージをする


入浴時や入浴後、手や足をマッサージして血行を良くしましょう。

③ ビタミンを摂取する


食事でも、しもやけ予防をしちゃいましょう!

ビタミンを多く含んだ食材を意識して取り込んでください。特にビタミンEは、血流促進作用を持ちますので重要な栄養素です。
ビタミンEを多く含む食材は以下の通りです。

めんたいこ・いくら・アーモンド・カボチャ・モロヘイヤ・ほうれん草・食物油 など。
食事で摂取するのが難しいという方は、サプリメントで補給することもオススメですよ。

④ 肌を濡らしたままにしない


水や汗などで肌を濡らしたままにしておくことは、しもやけや肌荒れの原因になります。

手洗いや水仕事、汗をかいた後などは、清潔なタオルでしっかりと拭き取るようにしましょう。

まとめ

しもやけ 寝る時 靴下 オススメクリーム
しもやけとは「凍瘡(とうそう)」という皮膚の病気の一種です。

寒さや冷えによって血管が収縮し、血流が悪くなり、炎症やむくみを起こすことが原因と考えられています。しもやけの症状は、手足の指などの末端部分や手足全体が腫れ、それに伴う痒みや痛みがあることがほとんどです。

しもやけ対策として、「ユースキンA」や「ベルクリーンS軟膏」などのクリームが人気があるのでオススメです。

また、しもやけにならないよう「予防」することも大切です。

「体を冷やさないようにする」「マッサージをして血行を良くする」「食生活を見直す」「肌を濡らしたままにしない」など、今日からでもお手軽にできる予防法を試してみて下さい。

ただし、「夜寝るときに靴下を履く」ことはオススメできません!


寝ている間に、靴下の中で汗が蒸れて足が冷えてしまったり、靴下のゴムのせいで足元の血行不良が起きやすくなったりして、しもやけになる可能性が高まってしまうからです。寝る時に足元が冷えることが気になる場合は、湯たんぽなどで温めるようにしましょう。

上手にしもやけ対策をして、しもやけ知らずの冬を過ごしてくださいね。