子供 中耳炎 原因 応急処置

「耳が痛い」と突然子供が訴えてきたら・・・。


その痛みの原因は「中耳炎」かもしれません!
ほとんどの子供が小学生に上がるまでに1度はかかると言われている中耳炎。
風邪とセットで中耳炎になってしまうケースが多く、治ったと思っても、またスグになってしまうこともあります。


それだけ子供にとって身近な中耳炎。


今回は中耳炎とはどのような症状で、何が原因で発症するのかをご紹介します。
家庭ですべき応急処置などもご紹介しますので参考にしてみてくださいね。


Sponsored Link



 その認識は勘違い?子供が中耳炎になる原因

子供 中耳炎 原因 応急処置

中耳炎とは、耳の鼓膜よりもさらに奥にある「中耳」と呼ばれる空洞に膿がたまってしまう症状をの事を言います。


プールやお風呂などのお水が耳に入ることが原因だと思われがちですが、その認識は勘違い。


実は、「風邪」が原因で中耳炎になることがほとんどなのです。
耳は鼻の奥と繋がっています。
そのため風邪菌が鼻を通って耳に入り中耳に膿がたまって中耳炎となるのです。


では、なぜ子供は大人よりも中耳炎になりやすいのでしょう?
まず一番に考えられる原因は、大人と比べて子供は免疫力が弱く、風邪を引きやすいことが挙げられます。


特に小さな子供は鼻水が出ていても自分で鼻をかむことが上手ではありません。
そのため中耳炎になりやすいので注意が必要です。その次に考えられる原因は、子供の耳の構造です。


子供の耳の管(耳管)は大人よりも太くて短くなっています。
また、咽頭に対してほぼ水平に位置しているため、菌が耳に入りやすく、中耳に膿がたまりやすいのです。
成長するにつれて、耳の構造も大人に近づいてくるため、中耳炎になる確率も落ち着いてくるようです。


 知っておこう!子供の中耳炎の症状

子供 中耳炎 原因 応急処置

中耳炎の主な症状は、「耳の痛み」「耳垂れ」「耳が聞こえにくい」「高熱がでる」などが挙げられます。


初期の中耳炎であれば鼓膜の充血程度で済みますが、さらに進行すると中耳に膿がたまり鼓膜が真っ赤に腫れます。
膿がいっぱいになると鼓膜を圧迫し鼓膜に穴を開けます。
強い痛みはこの時に生じることが多いようです。


鼓膜に穴が開き、膿が出てくると、ほとんどの場合、痛みも共に消えます。
中耳に溜まった膿は、鼓膜を破って耳垂れとして排出される他、耳管を通って鼻に戻り、鼻の穴から体の外に出ていく方法で排出されます。
この作業がスムーズにできるよう、鼻水・鼻づまりのない鼻環境にしておいてあげることが中耳炎を早く治すための秘訣となります。


ちなみに、痛みや腫れが強い発症しはじめの時期を「急性中耳炎」、急性中耳炎が治っている途中の時期を「滲出性中耳炎」と分けて呼ばれていますので、ぜひ覚えておいてくださいね。


Sponsored Link



子供の中耳炎になったら〜家庭でできる4つの応急処置〜

子供 中耳炎 原因 応急処置

中耳炎の特徴は、突然発症し、時間をかけてゆっくりと治っていくことです。


そのため、中耳炎にかかってしまった場合、一日でも早く病院に受診するべきです。


しかし、夜間や日曜・祝日の場合はお休みの病院がほとんどですよね。
子供が痛がる様子を見ているのは、親としては辛いものです。
そこで、家庭でできる応急処置をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。


①冷やす


炎症による痛みには冷やすことが効果的です。
体が温まると血管が拡張するため、痛みが強くなるのです。
タオルに包んだ保冷剤などで耳の後ろを冷やしてあげましょう。


また、部屋が暑い場合には、外の風を入れたり、エアコンを使用したりして、涼しくしてあげることでも痛みが和らぐので効果的です。


②小児用解熱鎮痛剤を飲ませる


ひどく痛がっているようであれば、小児用の解熱鎮痛剤が効果的です。
子供に薬を飲ませることが不安であれば、薬局やドラッグストアにいる薬剤師さんに相談してみると子供が服用しても安心な鎮痛剤を教えてくれるはずですので、ぜひ相談してみてくださいね。


③耳垂れはガーゼなどで丁寧に拭き取る


鼓膜が破れてしまうと中耳にたまった膿が耳の穴から垂れてくることがあります。
耳垂れを放置すると肌が炎症を起こし、別の症状でも子供が辛い思いをすることになってしまいますので、ガーゼなどで丁寧に拭きとって清潔を保つよう気を付けてあげましょう。


④横になるのが辛い時は座って眠らせる


夜、横になって寝ていると、頭や耳の血管に血液が多く流れてきて鼓膜が圧迫されやすくなります。
中耳炎になった子供の多くが、夜に痛みを訴えるのはそのためです。
ソファーなどに座った体制で眠らせてあげると痛みが和らぐので試してみてくださいね。


中耳炎を予防するには?

子供 中耳炎 原因 応急処置

中耳炎を予防するには、風邪を引いてしまった時のケアが重要となります。
鼻が詰まっていたり、鼻水が出ている場合は、鼻をかんだり吸引器で吸引したりして、鼻水を外に出すように促してあげましょう。


そして何より、「風邪を引かない」ように予防することが一番の中耳炎予防ですね!


早めに中耳炎に気づいてあげるポイント


乳幼児のように言葉で自分の気持ちを上手に伝えられない場合、中耳炎に気づくのが遅れて重症化させてしまう恐れがあります。


風邪を引いて治ったはずなのに機嫌が悪かったり、耳を気にして頻繁に触ったり、首を振るしぐさが多い時には、耳に違和感や痛みがある可能性があります。
風邪の後、しばらくはこのような様子がないか気を付けてみてあげ、少しでも心配があるようなら、病院に連れて行ってあげましょう。


まとめ


中耳炎は風邪などのウイルスが鼻を通って耳に入ることが原因で発症します。


中耳という空洞に膿がたまり、鼓膜を圧迫することで痛みとなります。
子供が中耳炎になりやすい原因は、風邪を引きやすいことと、耳の構造が関係していると考えられます。中耳炎の主な症状は「耳の痛み」「耳垂れ」「耳が聞こえにくい」「高熱がでる」などです。


中耳炎は突然発症し、ゆっくり時間をかけて治っていきます。
病院がお休みの日や夜間に中耳炎になってしまった場合には、「耳の後ろを冷やす」「室内を涼しくする」「小児用解熱鎮痛剤を使用する」「耳垂れを拭き取る」「寝る時は横にならない」などの応急処置で痛みを和らげてあげましょう。


中耳炎を予防するためには、風邪を引いた時に鼻水・鼻づまりをこまめにケアしてあげることが重要なポイントです。
自分の気持ちを上手に伝えることができない子供が風邪を引いた時には、中耳炎になってしまわないか様子をよく観察し、疑わしい時には早めに病院に連れて行ってあげましょう。