健康診断 がん 発見できる 結果からわかること

あなたは健康診断を受けていますか?
「健康だから必要ない」「面倒臭い」など、様々な理由から健康診断を受けずに過ごしている方も多いのではないでしょうか。

今回は「健康診断を受ける目的」や「結果からわかること」「健康診断だけでがんは見つからないの?」という内容に焦点を当ててお答えしていきます!ぜひ、参考にしてみてください。


Sponsored Link



健康診断を受ける目的とは?

健康診断 がん 発見できる 結果からわかること

企業にお勤めの方は、企業の健康診断を年に1回、受けていることでしょう。では、そうでない方はどうでしょうか?

健康診断を受ける目的は、「健康状態の確認」です。そのため、健康だからこそ、面倒くさがらずに年に1度、健康診断を受けましょう。

どこで健康診断を受けたらよいのかわからないという方は、各自治体の保健センターなどに問い合わせてみてくださいね。


健康診断では何の検査をするの?

健康診断 がん 発見できる 結果からわかること

では、健康診断ではどのような検査を行うのでしょうか。ここでは、一般的に行われる検査の一例をご紹介します。

① 身長・体重測定
② 血圧測定
③ 視力検査
④ 尿検査
⑤ 血液検査​
⑥ 胸部エックス線検査
⑦ その他(肺機能検査や心電図検査、眼圧測定、眼底検査など)

検査項目は企業や自治体、年齢ごとに異なります。たとえば、企業の健康診断では、業務内容に合わせた項目が追加されることもあるようです。(騒音の中での職場であれば聴力検査が追加されたり、粉じんが舞う中での職場であれば呼吸器系の検査が追加されたり)検査項目が気になる方は、ご加入の健康組合や各自治体の保健センターなどに問い合わせてみてくださいね。


結局、健康診断で「がん」は見つからないの?!

健康診断 がん 発見できる 結果からわかること

病気の中で、特に心配で怖いのが「がん」ですよね。しかし、残念ながら健康診断でがんが見つかることはほとんどありません。

なぜなら、健康診断はがんの発見を第一の目的とはしていないからです。その証拠に、一般的に健康診断で行われる検査には、「腫瘍マーカー」などがんの発見を目的とした検査が含まれていない場合がほとんどです。

ですが、健康診断が、「がんを見つける”きっかけ”」になることはあります。

例えば、血液検査からわかる「貧血」です。

胃がんや大腸がんなど、ガンができている部位から出血があると、貧血になる可能性があります。通常、貧血になるとふらつきなどの自覚症状が見られます。しかし、出血量が少しずつだと、体が貧血の状態に慣れてしまうため自覚症状がないことがあるのです。自覚症状がなければ、病院で検査を受けることはまずないですよね。しかし、健康診断では自覚症状の有無にかかわらず、検査を行います。

このように、「健康診断でがんを見つける“きっかけ”となる病気が見つかり、病院でさらに詳しい検査を行うことでがんが発見される。」ということもありえますので、直接がんは見つからずとも、健康診断を受けることはとても大切なことなのです。


Sponsored Link



健康診断の結果でわかることって何?

健康診断 がん 発見できる 結果からわかること

では、健康診断の結果でわかる事とは何なのでしょうか。ここでは、一般的に健康診断の結果からわかる病気をご紹介します。

① 生活習慣病


主に尿検査や血液検査の結果から、メタボリックシンドロームや高血圧症、糖尿病、高脂血症(脂質代謝異常症)、動脈硬化などの生活習慣病がわかります。

② 心臓の病気


主に胸部エックス線検査の結果から、心臓肥大や大動脈瘤などの心疾患の疑いがある症状がわかります。

③ 肺の病気


主に胸部エックス線検査の結果から、肺結核や肺気腫などの肺疾患の疑いがある症状がわかります。


ガンを見つけるためにはどうすればいいの?

健康診断 がん 発見できる 結果からわかること

ガンを見つけるためには、健康診断にプラスしてガン検診を受けましょう。

ガン検診では、ガンの有無を調べたい部位の細胞を採取して調べたり(細胞診)、胃カメラや注腸造影検査(バリウム検査)など、より詳しい検査を受けることができます。ガン検診は料金がお高めなので、健康診断よりも受診をためらう方も多いようです。

ですが、ガン検診の項目によっては助成を受けられる場合もありますので、こちらも健康組合やお住まいの地域の保健センターなどに問い合わせてみてくださいね。


まとめ


健康診断 がん 発見できる 結果からわかること

健康診断を受ける目的は、現在の健康状態を確認することです。健康状態を調べる方法として、尿検査や血液検査などが行われます。健康診断でわかることは、主に糖尿病などの生活習慣病や、心臓や肺の病気が疑われる症状です。

また、健康診断ではガンが見つかることはあまりありませんが、貧血など、「ガンを見つける”きっかけ”となる病気」が見つかることはあります。

ガンを見つけるためには、健康診断にプラスしてガン検診を受けましょう。

今、健康だと自覚している方でも、隠れた病気を患っていることもあります。病気は早期発見が一番!ご自身の健康維持のためにも、年に1度、ぜひ健康診断を受けてくださいね!