脚 むくむ お酒 原因 予防方法 対処方法
突然ですが、お酒を飲むのは好きですか?


暑い夏の季節には、特にキンキンに冷えたビールが進んでしまいますよね。


ですが、楽しくお酒を飲んだ次の日の朝、起きてみると…


「脚がむくんだまま…」


「身体全体が風船のようにむくんでいる…」


…なんて感じたことはありませんか?


女性なら特に気になるお酒を飲んだ翌日に現れる「むくみ」


今回は、なぜお酒を飲むとむくんでしまうのか?…その理由と、「むくみ」を予防する対策法をご紹介します。

Sponsored Link



お酒を飲むとむくんでしまう理由

脚 むくむ お酒 原因 予防方法 対処方法
まず初めにお酒とむくみについての関係から簡単にご説明していきます。


基本的にアルコールは身体に対して利尿作用を働かせると言われております。


お酒を飲んだ時に普段より「トイレが近くなる」なんて経験はありませんか?


これはアルコールにより利尿作用が働き、その結果体内にある水分を外へと排出しようと働いているからなのです。


「そしたらなぜむくむの?」と思いますよね?


それは【飲み過ぎ】【おつまみ】に原因があると考えられます。


飲みすぎると身体は水分を取り込もうとします


ついつい楽しい雰囲気で、お酒を飲みすぎてしまった…そんな経験は多くの人があることですよね。


アルコールを過剰に摂取すると利尿作用によって身体の中の水分がたくさん失われてしまいます


すると、


どんどん水分を失ってしまっていく身体は水分を蓄えようと働きはじめるのです。


その結果、普段の状態よりも過剰に身体に水分を取り込んだ状態になってしまい「むくみ」を引き起こしてしまうのです。


一緒に食べるおつまみにも要注意!

脚 むくむ お酒 原因 予防方法 対処方法
もう一つ、一緒に食べる「おつまみ」にもむくみを引き起こす原因があると考えられます。


お酒に合うものには、「塩分」が多く含まれているものが実に多いんですね。


例えば、


「唐揚げ」や「ポテトフライ」などの揚げ物や、「お漬物」や「かまぼこ」などの練り物ななども、意外とたくさんの塩分を含んでいます。


実は、この塩分も「むくみ」を引き起こす原因の大きな一つなのです。


この二つを同時に行ってしまうことにより、より身体は水分を取り込んでしまい、脚や顔など全体がむくんでしまうのです。


むくみの予防や対処はどうするべき?

脚 むくみ 原因 対策 即効性
それでもお酒は楽しみたいですよね^^;


そんな時、少し心がけることによって、むくみを予防することができます。


関連記事:セルライト除去は潰すべき?自宅で簡単!効果的な方法はある?

Sponsored Link




お酒を飲んだ分だけ、しっかりと水分補給をしましょう。

脚 むくむ お酒 原因 予防方法 対処方法
お酒を飲んだ時には、しっかりと水分補給をすることが実はもっとも重要なのです。


水分とアルコールのバランスが同量に保たれることにより、身体は無駄に水分を蓄えようとせず余分な水分はしっかりと排出してくれます。


お酒を飲んでほろ酔い気分の時には忘れがちな【水分補給】ですが、これはむくみだけではなく身体全体に対しても、とても大事なことなのです。


目安としては、お酒を飲んだ量と同じ分だけの水分を取るように心がけてみるといいですね。


おつまみを厳選しましょう。

脚 むくむ お酒 原因 予防方法 対処方法
お酒と一緒に食べる「おつまみ」を選ぶのもむくみを防ぐ大切な予防法の一つです。


なるべく塩分が低いおつまみと一緒にお酒を楽しむことによって、塩分量が多いおつまみと一緒にお酒を楽しむよりもむくみ具合がだいぶ変わってきます。


塩分が低いおつまみを選ぶのもむくみ対策のコツと言えます。


揚げ物の「唐揚げ」や「ポテトフライ」などはなるべく控えるように心がけて、「お刺身」や「冷奴」などを選ぶようにしてみましょう。

まとめ

脚 むくむ お酒 原因 予防方法 対処方法
いかがでしたでしょうか?


翌日もすっきりとした脚で、1日をスタートするには、「飲み方(水分補給)」「お酒」、そして組み合わせる「おつまみ」などの食べ物が重要なのがお分かりいただけたでしょうか。


お酒は適量を守り、しっかりと水分補給すること、そしておつまみなどの食べ物も気をつけることによって、翌朝にむくみをなるべく残さないような予防対策をとっていくことが大切です。


楽しいお酒の席で忘れてしまいがちですが、ちょっとした気遣いで、翌日のむくみ具合はだいぶ変わってきますので、むくみが気になる人はちょっと意識してみてくださいね!


それでは最後までご覧いただきありがとうございました。


こちらもよろしければご一緒にどうぞ♪