お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
9月といえば…お月見を思い浮かべる人もいるかと思います。


ただ、


お月見って月を眺めて月見団子を食べて…


…というぐらいしかわからなくないですか?^^;


ということで今回は「2016年のお月見がいつなのか?」また、「お月見ってどんな由来や意味があるの?」ということを中心にお月見に関する様々なことをお伝えしていきます。

Sponsored Link


お月見の由来や意味って?

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
お月見とは、旧暦の8月15日に”月を眺めて楽しむ”ことを目的とした行事です。


この日の月は「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」などと呼ばれています。


ただ、


お月見の行事ができたルートというのは、実はよくわかっていません。


一説によると、中国の各地でお月見の日に「サトイモ」を食べる習慣があることから、「もともとはサトイモの収穫祭だったのではないか?」…とも言われているようですね。


行事ができたハッキリとした原因はわかっていませんが、中国で宮廷行事として行われるようになり、やがて日本に伝わってきたと言われています。


日本に伝わってきたのは、ちょうど奈良時代〜平安時代のころと言われえていますので、相当古くからある行事になっているようです。

子供にお月見ってどうやって伝えるべき?

ただ、純粋な小さい子にお月見を説明するのって凄く難しいです^^;


子供は純粋に「どうして団子やススキを飾るの?」、「どうしてお月見をするの?」…というようなことを尋ねてきますので、どのように返答すればいいのか悩ましいところです。


私が2歳のわが子に教えたのは、「収穫を祝っているんだよ」、「お供え物は神様に捧げて収穫できたことを感謝してるんだよ」…というようなことを伝えました^^;


お月見に限らずですが、小さい子に昔からの伝統行事を伝えるのは本当に難しく悩ましいものです^^;

2016年のお月見はいつ?

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
ところで、気になる2016年のお月見の日がいつなのか?…ということですが、ご存知でしょうか?


先ほども説明いたしましたが、お月見は旧暦で行う行事になるので、旧暦の「中秋の名月」に当たる8月15日は、2016年で言うと、「9月15日」ということになります。


そして、「後の月」…旧暦の9月13日に当たるのが、2016年で言うと、「10月13日」ということになります。

実は、毎年違うってご存じですか?

2016年はたまたま「15日」、「13日」と旧暦と全く同じ日付になりましたが、これはたまたまの偶然です。


と、いうのも、現在私達が使っている太陽暦と旧暦のシステムは全く違うので、関連性は全くありません


2016年に関してはホントにたまたま重なっただけなんですね^^;


その証拠に近年のお月見がいつだったのかを見てみましょう。


近年のお月見の日
中秋の名月

(旧暦8月15日)
後の月

(旧暦9月13日)
2011年 9月12日 10月9日
2012年 9月30日 10月27日
2013年 9月19日 10月17日
2014年 9月8日 10月6日
2015年 9月27日 10月25日
2016年 9月15日 10月13日

このように、年によってこれだけ日にちがバラバラになるんですね。

Sponsored Link


お月見は必ず満月?

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
お月見と聞くと、うさぎが餅をついていて…という感じで”満月”を思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか?


しかし、


実は必ずしも旧暦の15日が満月になるとは限らないんですね!


というのも、旧暦では13日〜17日ぐらいまでの幅を持たせているんです。ですので、必ずしも15日が満月になるとは限らないんですね。


とは言ってもよ〜く見ないとわかりませんけどね^^;

月見団子の作り方をご紹介!


では、お月見には欠かせない月見団子の作り方をご紹介していきます。


月見団子の作り方3つのポイント

(+)をタップでより詳しい説明が表示されます。

「だんご粉」を使う!

水の入れ方に注意!

冷やしたら風に当てる!


こちらでも動画で詳しく解説していますので参考にしてみてください。


地域によってこんなに違う月見団子!


月見団子と聞くとこのような形のものを思い浮かべませんか?

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
ですが、実は月見団子は地域によって違うんです!


ちなみに関西だとこんな風にあんこが巻かれています。

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方

では、実際にどんなものがあるのか簡単にご説明していきます。

白丸タイプ

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
これは最もポピュラーなものですね!


何も中身が入っていないものや、あんこが入っているものなどがあります。

串団子タイプ

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
中国・四国地方の方に多いのがこの串団子タイプのものです。


団子を完全にあんこでくるんでしまっていますね^^;

まんじゅうタイプ

お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
青森や岩手といった東北地方に多いのがおまんじゅうタイプのものです。


ただ、東北の人はあまりお月見に関心がないのか、情報が少なかったです^^;


ひょっとしたら、あんまりお月見自体やらないのかもしれません^^;

ご当地タイプ


お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
静岡では「へそ餅」と呼ばれるおへその形をしたようなものがあるようです。


なんでも、徳川家康が幼少期に「元気に育ちますように」と餅にへそを作り、あんこをのせてだべさせられていたのが初めだと言われているようですよ。


お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
名古屋ではこちらも一見変わった「しずく型」をした月見団子があるようです。


材料はういろうと同じ素材で作られているようで、サトイモをイメージしてこういう形になっていったんだとか。


お月見 2016 いつ 由来 月見団子 作り方
最後に一番インパクトがあるこちらのものは、沖縄の「フキャギ」と呼ばれているものです。


これは白いお持ちの上に小豆を潰さずにのせているだけなのですが、小豆には魔除けの効果がある!といわれているようですね。


ただ、


ちょっと見た目が強烈ですが^^;

まとめ


今回はお月見に関してお伝えしてきました。


意外にそう言われてると由来などは知らないものですよね^^;


そして、1番驚いたのはこんなにもいろいろな種類の月見団子があるということ。


なんでも、一般的に知れ渡っている白いお団子は全国的にみると25%ほどしか主流ではないようです。


それはそれで意外ですね^^;


ということで、今回はお月見と月見団子についてでした。


最後までご覧頂き、ありがとうございました♪