唾液 多い 口臭 臭い 虫歯 原因

「唾液の量が少ないと口臭が臭くなる」ということはご存知の方も多いことでしょう。

しかし、「唾液が多いと口臭が臭くなる」こともあるのです!

中には、虫歯が原因で唾液や口臭が臭いという可能性も・・・。

今回は唾液が多いせいで口臭が臭くなる原因とその解消法をご紹介します。口臭が気なる方はぜひ参考にしてみて下さいね。


Sponsored Link



唾液の役割とは?

唾液 多い 口臭 臭い 虫歯 原因

唾液は、私たちの口の中に当たり前のように存在していますよね。

しかし、一体何のために存在しているのでしょうか?

唾液は一日に1~1.5ℓほど分泌されています。ペットボトルで考えたらすごい量ですよね。唾液は、口の中を潤し保護したり、食べ物を飲み込むのを手助けしたり、外から入ってくる細菌を防ぐなどの役割を果たしています。

また、唾液は飲み込む度に新たな唾液が分泌され、循環しています。この循環を繰り返すことで、口の中が洗浄・殺菌されているので、唾液が多いと口臭予防になると言われているのです。

ちなみに、唾液の99.5%は水分でできていて、残りの0.5%は食べ物を消化したり、口の中の粘膜を保護している「酵素」などの成分が含まれています。

唾液が多いと口臭が臭いのは何故?その原因


中には、「唾液が多いと口臭が臭い。」という人も…。

ここでは考えられる5つの原因をご紹介します。

① 唾液そのもののニオイ


先ほどご紹介したように、唾液はほぼ水分でできていますので、本来は限りなく無臭です。

しかし、唾液にもわずかですがニオイがあります。それは、唾液に含まれる酵素にニオイがあるためです。

酵素のニオイが想像つかないという方は、ぬか漬けの「ぬか」を思い浮かべていただくとわかる方も多いことでしょう。あまり良いニオイではありませんよね。そのため、唾液が多いのに口臭が臭い時には、唾液そのもののニオイを「クサイ」と感じているのかもしれません。

臭いのレベルや感じ方は個人差があります。周りの人が気づかない程度の口臭であれば、「誰にでも口臭はある」と、あまり気にしないでくださいね。気にし過ぎはかえって口臭の原因となりかねません。

② 虫歯

唾液 多い 口臭 臭い 虫歯 原因

唾液の量が多いのに、口から腐敗臭がする・・・という場合には虫歯である可能性があります。

腐敗臭は、魚が腐ったような臭い・チーズが腐ったような臭いなどと例えられることが多いです。

何故そのような臭いが発生するのかというと、虫歯で欠けたり穴が開いたところに食べカスが溜まり、その食べカスが腐るせいだと考えられています。また、強烈な腐敗臭がする場合には、虫歯が深刻化し、神経が壊死してしまったために腐敗臭を放っている可能性が考えられます。

虫歯であれば、口臭の他に痛みの自覚もあるはずですので、深刻化する前に歯医者さんへ行きましょう。

③ 歯周病


歯周病は口臭の原因ナンバー1と言われています。

歯周病は歯茎から出血したり、膿が出るため強い口臭がします。また、歯周病菌はVSCという硫黄ガスを発生させます。

硫黄と言えば温泉のニオイを思い浮かべてもらえれば、どういうニオイか想像しやすいですね。その硫黄ガスを含むVSCが唾液の中に多量に溶け込みますので、それに伴って唾液が多いと口臭からも硫黄のニオイがします。歯周病も虫歯同様、深刻化しないうちに歯医者さんで治療してくださいね!

④ 舌苔(ぜったい)


舌苔とは舌の表面に付く、白や黄色っぽい苔(コケ)のようなものです。

疲れていたりストレスが溜まっている時にできやすいので、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

食べカスや口の中の古くなった細胞などの汚れが、舌の表面に付くことが原因で発生します。舌苔は細菌に分解されると、VSC(硫黄ガス)となって唾液に溶け込みます。

そのため舌苔も、唾液が多いと口臭が臭くなる原因の1つです。

⑤ 唾液の循環が上手くいっていない


疲れやストレスが溜まっていたり、免疫力が低下していると、唾液の循環が上手くいかなくなることがあります。

なぜ唾液の循環が上手くいかなくなるのかというと、唾液を飲み込む動作が少なくなるためです。

そのため、ニオイの原因となる菌がたくさん含まれている古い唾液がいつまでも口の中に残っている状態となります。それにより、口の中に唾液が多くあっても、口臭が臭くなってしまうのです。


Sponsored Link



唾液が多いのに起こる口臭の解消法

唾液 多い 口臭 臭い 虫歯 原因

① 疲れやストレスを溜めない


疲れやストレスが溜まっていると舌苔ができやすくなったり、唾液の循環が上手くいかなくなります。そのため、唾液が多いと口臭が臭くなってしまう可能性が高くなるのです。

十分な睡眠をとり、適度に息抜きをして疲れやストレスが溜まらないよう上手に解消してくださいね。

深呼吸をするだけでもストレスが緩和されますので試してみて下さい。

② 口の中を清潔に保つ


口の中に細菌が増えると唾液や口臭が臭くなる原因となります。そのため口の中を清潔に保つよう心がけましょう。

歯磨きを丁寧に行い、こまめにウガイをすることで口の中の細菌を減らすことができます。

唾液のニオイをセルフチェックしよう


舌の上・扁桃腺・歯茎を指で撫ぜてニオイを嗅いでみましょう。

もし、どれか1カ所でも臭いようなら唾液が臭っていて、口臭も臭い可能性があります。

誰かと会話する時に相手に不快な思いをさせないよう、また、自分も恥ずかしい思いをしなくて済むように何らかのケアをしてくださいね。

まとめ

唾液 多い 口臭 臭い 虫歯 原因


唾液が多いと口臭が臭くないというイメージがありますが、場合によっては唾液が多いことで口臭が臭いということもあります。


唾液は限りなく無臭です。しかし、唾液に含まれる成分の1つである「酵素」が独特なニオイを持っているため、どんな人にも口臭はあります。唾液が多いと口臭が臭くなる原因として、「虫歯」「歯周病」「舌苔」「唾液の循環がうまくいっていない」などが考えられます。これらの解消法は「疲れやストレスを溜めないこと」や「口の中を清潔に保つこと」などが挙げられます。

口臭は自分ではなかなか気付くことができないものです。ご紹介したセルフチェックなども試してみて、唾液が多いことで口臭が臭くなるのを予防してみて下さいね!