結婚式 余興 簡単 盛り上がるもの


友人の結婚式の余興を頼まれちゃった!


でも、「どうしよう…時間もそんなにないし…俺(私)には何も取り柄なんてないし…」


結婚式の余興って、見るのは楽しいですけど、いざ自分が頼まれてしまうと結構困ってしましますよね^^;


どんな余興をすればいいんだろう…。


感動系…?

ウケ狙い系…?

それともあッ!と踊らかすサプライズ系…?


どんなものがいいのか悩んでしまいますよね?^^;


そこで、今回は年間50回以上の結婚式を担当している現役プランナーの私が、今までに見てきた事例を交え、簡単だけど絶対ハズさない余興を紹介したいと思います。

Sponsored Link



現役プランナーの私が教えます!


まずは、簡単に私の紹介をさせて下さいね!


私は、小さいころからウェディングプランナーになりたくて、そのまま大人になったので何の迷いもなくプランナーになりました。


そして、プランナーになり、早8年…。(年がバレそうですが^^;)


数々の結婚式を担当させてもらいました。


もちろん、余興もそれだけ見てきましたよ!


ただ、余興を見ていて1番感じることは、新郎新婦と余興をする人の”繋がり”だと思います。


余興をやる人が友人なら、友人と新郎(新婦)との繋がりが垣間見れるし、会社の人なら、どんな感じなのかよくわかるなぁって。


たかが余興かもしれないけど、余興をみると「あぁ〜、この新郎(新婦)さんは愛されてるんだな〜」とかって、よくわかるんですよね!


それは、余興のクオリティとかそういうのではなく、やっぱり余興担当者たちの一生懸命さ…かな。


そんなことをいつも感じています。


だから、


きっと、この記事を読んでるあなたも余興を頼まれて悩んでいると思いますが、まずはどんなものでも新郎新婦を「楽しませてあげたい!感動させたい!」っていうような一生懸命さが大切だと思います!

余興をする際に注意すること


では、まず、余興を考える前に最低限のことは覚えて覚えておいて下さいね!

決して難しいことではなく、一般常識のことですから、「そんな事知ってるよ!」という人もいるかもしれませんが、どうか今一度再確認をしておいて下さい。

忌み言葉は使わないように!


これは余興に限った話ではないですが、祝いの場である結婚式で使う言葉として適切でないとされているものがあります。


それが「忌み言葉」と言われるものです。


「忌み言葉」とは、簡単に言うと”縁起が悪い”ような言葉や漢字などですね。


以下が代表的なものです。

代表的な「忌み言葉」

  • 離れる
  • 終わる
  • 去る
  • 別れる
  • 切れる
  • 戻る
  • 飽きる
  • 散る
  • ほどける
  • 短い
  • とんでもない
  • 再度
  • etc…。

これらのものですね。
これらの忌み言葉は、祝いの場である結婚式では、夫婦の離婚や縁を切るなどの不幸な言葉の連想となってしまうため、ふさわしくありません。


まずは、一般常識としてこれらの言葉は使わないように注意して下さいね!


その中でも、特に注意しなければならないのが、外国語の歌詞の歌です。英語の歌詞の歌でもアップテンポなのに、内容はよろしくないようなことを歌っているものが結構あります。


わかる人にはわかってしまいますので、ちゃんと意味を調べたり、もしくは初めから使わないようにした方がいいですね。

品のない発言・行動には気をつける


これは特に男性陣…、それも若い方に多いのですが、品のない内容は極力さけた方がいいですね。


若気の至りと受け止めて流してくれる方もいらっしゃいますが、結婚式にはいろいろな方が参列していることをよく考えましょう。


新郎新婦の職場の人もいらっしゃいますし、当然親族の方や関係者の方がいらっしゃいます。


いつもの友達同士でのノリのまま下ネタばかりを言ってしまうような方もいましたが、確実に空気が悪くなるので、場をわきまえた方がいいですね^^;

式場で禁止されていることはしない!


結婚式 余興 簡単 盛り上がるもの


これはプランナーをやっている私だから余計にそう思うところはあると思いますが、式場の決まり事は是非守るようにして下さい!


私のところではないですが、私が友人の結婚式に参列した時、新郎の友人が酔っ払ってプールに飛び込んだことがいました。


もちろん、プールには入ってはいけない約束になっています。


その方はビジョビショのまま、披露宴も出られていましたが、椅子はビショビショですし、その後の処理のことを考えたらとても大変です。


また、私が実際に経験したことですが、やはりある新郎の友人が酔っ払ってマイクを投げて2つも壊しました…。


結婚式というのは、あなたが出席している友人の結婚式だけでなく、その日のうちにその後に結婚式が入っているということも、ごくごく当たり前にあります。


お酒が入って楽しいのはわかりますが、そのあたりのことは十分ご配慮いただければと思います。


また、


会場によっては、機材を持ち込めないところや、大きな音が出せない場合などもあります。


まずは、会場となる式場やホテルに事前にしっかりと問い合わせをし、可能であれば下見をしておいたほうがいいですね!


実際、かなり気合の入っている余興担当者は結構前から余興の打ち合わせにきたりするものですよ!^^;

Sponsored Link



簡単だけど感動する余興はコレ!


結婚式 余興 簡単 盛り上がるもの


では、私が数々の結婚式&余興を見てきた中で、わりと簡単で、はずさないと思う余興をご紹介したいと思います。


…その前に…。


1番はみんなが楽しめるものをつくること!


ここでは、楽しめるものということで書きましたが、楽しめるのも、感動させるのも、笑わせるのも、そうですが、1番は”会場にいるみなさんがわかるネタ”で作った方が絶対に失敗がありません。


例えば、


中学時代の部活ネタとか、高校時代の〇〇、みたいなものはその当時を知る人たちにはわかりますが、それ以外の人たちには「???」になってしまい、イマイチ盛り上がりにかけます。


わかっているようで、意外にわかっていないというか、いざ自分が余興をやろうとすると忘れてしまう人がいるようなので、そこをまずは念頭において余興を作っていくことをオススメします!


それでは、私が今まで見てきた中でオススメな余興を発表します♪


オススメその① メッセージムービー


結婚式 余興 簡単 盛り上がるもの


もう、コレは鉄板ですね!


当日は基本的に流すだけでいいので、当日までどのぐらいできるのか?にもよってしまうところはありますが^^;


最近は、動画の編集も簡単に出来るものもありますし、式当日までの時間があるのなら、1番外さないかもしれません。


特に、難しいことはしなくても大丈夫で、どんな構想にするのかをよく考えることが1番重要ですね!


最近の結婚式では大体新郎新婦の生い立ちムービーを流すことが多いですが、あれは新郎新婦たちの”自分たち目線”で作っているものが多いですよね?


それを、例えば飼っている犬でやるとか、猫でやるとかは結構感動して受けがいいですね。


また、メッセージムービーを作る上で必須になっていることと言えば、式に参列できない人のメッセージ動画を絡めることです。


それも、できるだけメッセージをもらうのが難しいだろうという人からのメッセージが入っていたりすると、盛り上がります。ベターなのは小学校、中学校、高校、大学の恩師などですが、他にもいろいろといると思います。


例えば、小学校の時に転向しちゃった友達とか、海外に行っちゃった友達とか、レアな方のほうが新郎新婦受けはいいですね。ただ、当然わからない人もいるので、”見せ方”が大事だったりします。


演出方法としてベターなのは「リレー式」で繋いでいくものですね。


例えば、新郎が野球部なら、キャッチボールをしている感じで、次の人、次の人とバトンを渡すように繋いでいく感じです。サッカー部の人とかはリフティングとかのをよく作りますね!


メッセージムービーは、かなりベターなものだと思いますが、当日にスベって失敗ということが少ない余興だと思います。


事前に作る時間がどれだけあるか?にもよりますが、構想さえしっかり作れれば、編集自体はそんなにこっていなくても面白おかしくも、感動を呼ぶようなものも作れてしまいます。


あと、


意外にいいなぁと思ったのが、職場の働いているところをムービーにしながら作っていくというもの。


職場で働いている感じってあんまり親や親族って普段見れないことが多いじゃないですか?


もちろん、サービス業なんかでは見れますが、働いてる真剣な姿って友達も含めですが、結構感動しますよ!


コレ以外にオススメです!


新郎(新婦)の職場の人とかにお願いすれば手伝ってもらえることもあるみたいなんで、こういうのをやってみても面白いかもしれませんよ!

オススメその② 気持ちをストレートに伝える


結婚式 余興 簡単 盛り上がるもの


これはそのままですが、気持ちをストレートに伝える余興です。


「ん?手紙読むだけ??」


いえいえ、そんなに生ぬるいものではありません(笑)


この余興のポイントはマイクを使わないで大声で!!伝えるんです。


この方法はとにかく気持ち一つでぶつかることが大切です。普段どんなに仲がいい友達でも、意外に素直な気持ちって伝えられていないですよね?


それは新郎新婦が親に向けた手紙も同じことですが、やっぱり普段言えない素直な気持ちを伝えるのって感動するんですよね。


ただ、


コレをマイクを使ってやってはそんなに感動が伝わりません。


マイクを通して普通の声の大きさで喋っていると結構聞いてないんですよね^^;だから、マイクがいらないぐらい大きな声で、会場を静かにさせちゃうんです。


そこで、素直な気持ちを伝えると感動の渦を呼べますよ!


伝える内容と、メッセージを伝える人のキャラが結構大事ですけどね!

オススメその③ フラッシュモブ


結婚式 余興 簡単 盛り上がるもの


これは本当に会場が盛り上がります

一応フラッシュモブを知らない人のためにご説明を。

フラッシュモブとは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為

こんな感じのものですね。

もし、イメージがつかなかったらこちらを参考にしてみてください。



これは、プロの制作会社の人たちが式場のスタッフに変装して?やっているか、もしくは本当の式場スタッフなのかはちょっとわかりませんが、こんな感じでサプライズ的にやるものですね!


イメージとしてはこの逆で友人同士が中心になって最後の方で、いろいろな人たちを巻き込んで行く…といった感じですかね^^;


ただ、


こんなにハイクオリティなものは作れませんが、こういう雰囲気を作って会場を巻き込んでいくものは本当に盛り上がりますね!


ダンスとかだと覚えなければいけないし、練習しないといけませんが、簡単なものであればちゃちゃっと合わせられちゃいます。


ポイントは会場にいるいろいろな人を使うこと。


例えばあなたが新郎の友人代表として余興をやるのなら、新婦の友人を巻き込むとか、新婦の親戚のおじさんにお願いするとか、それこそ私みたいにスタッフを巻き込んだりすると面白いですね!


もちろん、ある程度は友人同士で作っておくことは前提ですが、この部分の歌を新婦の友人に歌ってもらうとか、新郎の上司に歌ってもらうとか、何人かをピックアップしてやってもらうと結構盛り上がります。


ポイントは、意外な人を巻き込むほど面白くなるってことですね。


もちろん、当日打ち合わせなどもする時間は殆ど無いと思いますので、そんなに難しくないことで大丈夫ですよ!


先ほどの動画みたいなハイクオリティなものはなかなか難しいと思いますが、簡単なものなら当日だけでも、できてしまうと思いますよ!


コレはホントに盛り上がります!

オススメその④ 歌


結婚式 余興 簡単 盛り上がるもの


コレは1番定番ですが、今だに良くあります^^;


ただ、


ここもポイントがあって、なるべく広く知られている歌をセレクトすること。


そして、ただ、歌っているだけではひねりがないので、少し工夫を加えると違ったものになりますね。


例えば、


スライドショーを使う方法とかですね。


新郎新婦との思い出などのスライドショーは単純ですが、感動しますんでオススメです。


スライドショーを作るのが難しいと思われてしまう方もいるかもしれまんが、今は無料のソフトで簡単に作れてしますので、友人の中にも必ず一人や二人はできる人がいると思います。そういう人にお願いしてみるのもいいですね!

まとめ


簡単に…と言いながら、気づいたら結構手がかかる物が多くなってしまいました^^;ゴメンナサイ。


ただ、


ここに上げたものは、鉄板で盛り上がりますし、感動しますので余興に迷っているのなら参考にして頂ければ幸いです。


ここに上げた意外にも、鉄板でよくやる新郎新婦当てクイズや、新郎新婦に大きな画用紙とマジックをそれぞれもってもらい、質問して答えを同時にドン!というようなものも、結構盛り上がりますね!


いろいろな余興の方法がありますが、やはり1番大切なことは「良い思い出となるものを作ってあげよう!」という気持ちだと思います。


面白くも、おかしくも、感動や涙を呼ぶものもいろいろありますが、新郎新婦にとって一生に一度の特別な日ですので、あなたができる最高の贈り物をしてあげて下さいね!


それでは、最後までご覧頂き、ありがとうございました♪