喉 奥 白いできもの
「なんだか喉が変だなぁ・・・」と、鏡で喉の奥をみてみたら、「白いできものができていた」という経験はありませんか?

今回は喉に白いできものができる原因はなに!?何かの病気!?という疑問にお答えしちゃいます!


Sponsored Link



喉の奥にできた白いできものの原因はなに?

喉 奥 白いできもの
喉にできる白いできものの原因の中で、特に多い2つの原因をご紹介します。

① 膿栓(のうせん)

喉の奥、扁桃のくぼみに白いカスが溜まっている・・・。そんな時には【膿栓】である可能性があります。(扁桃については後ほど詳しくご紹介しますね)

膿栓とは、喉に侵入してきた細菌と、細菌と戦ったリンパ球や白血球などの死骸の塊です。そのため、風邪などのウイルス感染を起こした後によくみられます。膿栓の大きさは1mm程度の物から、数cm大にまでなる物もあるようですよ。

ちなみに、膿栓には「臭い玉」なんていう通称があるんです!膿栓を潰すと悪臭を放つことに由来しています。その臭いは、「ニラ」や「ニンニク」、「下水」などによく例えられているようです。

膿栓は自然とできるもので、基本的には健康に問題はありません。放っておけば自然に取れるので、気になっても自分で潰さないようにしましょう。臭いもさることながら、口腔内の粘膜を傷つけることで膿栓を悪化させることに繋がりかねないからです。どうしても取りたい場合は、耳鼻咽喉科に相談してみて下さいね。

② 白苔(はくたい)

喉の広範囲に白い粉や膜のようなものができている・・・。という場合には、【白苔】の可能性があります。

白苔は、喉に侵入した細菌やウイルスなどの異物と、リンパ球や白血球などの免疫機能が戦っている最中に現れます。つまり、喉が炎症を起こしている時にできる「喉の膿」なのです。

Sponsored Link


喉の奥に白いできものは何かの病気?

喉 奥 白いできもの
喉の奥に白いできものができる病気の中で、特に多い病気をまとめてみました。
あなたの症状に当てはまるものがないかチェックしてみて下さいね。

① 急性扁桃炎

先ほどから何度か登場している「扁桃(へんとう)」が、細菌やウイルスに感染して急性の炎症を起こす病気を【急性扁桃炎】といいます。扁桃は扁桃腺と呼ばれることが多いのですか、正式には「扁桃」です。扁桃は喉の左右に1つずつあります。

急性扁桃炎にかかると、白いできもの(白苔・喉の膿)が喉の痛みや腫れとともに現れます。その他、高熱や食欲不振、首のリンパ節の腫れや全身の倦怠感などがあることも。

急性扁桃炎は、子供や若い人がかかりやすい病気です。年を重ねるごとに扁桃は委縮していくので、高齢者でかかる人はほとんどいないと考えられています。

② ヘルパンギーナ

夏風邪の一種である【ヘルパンギーナ】は、乳幼児の間で流行しやすい病気です。急性のウイルス性咽頭炎で、喉の痛みに加え、喉の奥に白い水ぶくれができます。

水ぶくれが破れると、その部分が非常にしみるようです。そのせいで、ご飯が食べられなかったり、水分を取ることもできないことがあります。

突然高熱が出ることも特徴なので、脱水症状にはくれぐれも注意しましょう。自力で水分が取れないようなら、病院で点滴などの処置をしてもらう必要があります。

③ 口内炎

口内炎は喉にもできます。喉にできる口内炎は、白色であることが多いようです。
喉に口内炎ができる原因はいくつかあります。

ヘルペス

唇にできるイメージの強いヘルペスですが、喉にもできます。食事や水分を取るのにも苦労するほど強い痛みがあるようです。口内炎を刺激すると悪化の恐れがあるため、早期に治療しましょう。

ヘルペスによる口内炎を早く治すには、抗ヘルペスウイルス薬を服用する必要があります。耳鼻咽喉科や口腔外科のある歯科に受診しましょう。

アレルギー

アレルギー反応により口内炎ができることがあります。アレルギー症状を抑えることができれば、1週間ほどで治るでしょう。

しかし、アレルギー反応が強くなると、喉がむくんで空気の通り道が塞がり窒息してしまう恐れがあります。アレルギーの心当たりがある方は、軽視せずにアレルギーの専門医がいる病院に受診するようにしましょう。

外傷

魚の骨が喉に刺さってしまったり、熱い食べ物や飲み物でヤケドしてしまったり。何らかの理由でできた外傷が細菌感染を起こすと、口内炎ができることがあります。

殺菌力のあるうがい薬を使うなど、口の中を清潔に保つよう心がけることで、治りを早めることができますよ。

原因不明

中には原因不明の口内炎もあります。睡眠不足や疲れ、胃腸の不調やストレスなどが理由であることが多いようです。十分な栄養と睡眠をとり、口の中を清潔に保つよう心がけましょう。

もし、口内炎が1か月以上治らない場合には、他の病気による白いできものである可能性もあります。悪性腫瘍など、早期治療が肝心となる病気である場合もありますので、口腔外科のある歯科や耳鼻咽喉科に受診するようにしましょう。

Sponsored Link


まとめ

喉 奥 白いできもの
今回は喉の奥にできる白いできものの原因や考えられる病気についてまとめてみました。いかがでしたか?

喉の奥にできる白いできものの原因は、【膿栓】または【白苔】である場合が多いです。

膿栓
喉に侵入してきた細菌と、細菌と戦ったリンパ球や白血球などの死骸の塊のこと。
通称「臭い玉」。潰すと「ニラ」や「ニンニク」、「下水」のような悪臭がする。
自然とできるもので、基本的には健康に問題のない物

白苔
扁桃が炎症を起こしている時にできる「喉の膿」。
喉の広範囲に白い粉や膜のようなものができる。

喉の奥に白いできものができる病気は、【急性扁桃炎】【ヘルパンギーナ】【口内炎】のいずれかである場合が多いです。

急性扁桃炎
喉の左右に1つずつある扁桃が、細菌やウイルスに感染して急性の炎症を起こす病気。
喉の奥に白いできものができる他、高熱、食欲不振、首のリンパの腫れ、全身の倦怠感などの症状を伴うことが多い。子供や若い人がかかりやすい。

ヘルパンギーナ
乳幼児の間で流行しやすい夏風邪の一種。急性のウイルス性咽頭炎。
喉の痛み、突然の発熱、喉の奥に白い水ぶくれなどが特徴。脱水症状には注意が必要。

口内炎
【ヘルペス】【アレルギー】【外傷】などによって、喉に口内炎ができることがある。中には【原因不明】でできる口内炎もある。
口内炎だからと軽視せず、専門の診療科に受診して治療を行うことが望ましい。


どんな原因や症状にも共通して言えることは、【白いできものを予防するためには「口の中を清潔に保つ」ことが重要である。】ということです。もし、なかなか治らなかったり、気になることがある時には遠慮せずに医療機関に相談してみて下さいね!